【裏技】指輪が抜けない!太った指の結婚指輪の外し方!【結婚式】

ring

おしゃれでつけているリングや、

夫婦でつけている結婚指輪が抜けなることがよくあります。

購入した時はサイズがちょうどよかったのに、

太ったり、指がむくんだり、関節が変形したりすることで

抜けなくなってしまうことが多いようです。

今回は抜けなくなってしまった指輪を外す方法を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

指のむくみをとる

指は脂肪が比較的少ないですが、冷えなどによって簡単にむくんでしまいます。

指のむくみをとるためには、血流をよくすることが大切です。

指先、全体のマッサージや、グーパー運動も有効です。

また、手をぬるま湯につけたり、お風呂で温めたりするのも良いです。

ハンドクリームを塗る

ハンドクリームを塗ることで滑りがかなり良くなるので、

指輪が抜ける可能性があります。

ハンドクリームを塗ると、抜けそうな所まで指輪が移動することが

多いですが、あと少し!と思って無理に抜こうとすると危険ですので、

ゆっくりやってみましょう。

ハンドクリームを塗っても指の脂肪が指輪にかなり乗っている状態だと、

外すのはなかなか厳しいのでまずはむくみをとってからやりましょう。

糸を使って外す

海外で有名なのですが、

タコ糸1本で簡単に指輪を外す方法があります。

この方法はかなり有効ですが、やる前にまずは

むくみとりとハンドクリームを塗ったほうがいいと思います。

やり方に関してはこちらの動画を参考にしてください。

リングカッターで切断

上記の方法を全て試してみても指輪が抜けなかった場合は、

指輪をリングカッターで切断するしかありません。

リングカッターでの切断は、消防署・病院・ジュエリーショップなどで

行えることが多いです。

自分で切断した指輪は絶対元には戻りませんが、リングカッターで切断したものなら、

サイズを変更して復元できる場合もあるようです。

まずは指輪を購入したジュエリーショップに相談してみると良いかもしれません。

自分で切断するのだけは絶対にやめましょう。

ゲージを間違えないで購入を!

このようなことにならないように購入の段階でサイズ選びをしっかりしましょう!

指輪は常につけるものなのでサイズがぴったりでないと気持ち悪いかもしれませんが、

人間は年とともに太ることがほとんどです。購入時点でジャストサイズであれば、

将来抜けなくなる可能性が大きいです。

特に女性は、家事、育児、出産などにより影響が出ることがほとんどです。

そこらへんの事情もジュエリーショップの店員さんと相談しながら検討すると良いと思います。

スポンサーリンク

フォローする