コーヒによる歯の着色!落とし方やオススメの歯磨き粉!

tooth

コーヒーが大好きで、日常的にコーヒーを飲んでいる方は多いと思います。

そして、ふとした時に鏡で歯を見てみると、着色していることに気がつきます。

コーヒーでなぜ着色してしまうのか、

コーヒーの着色を落とすためにはどうしたら良いのか解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

なぜコーヒーで着色するのか

コーヒーにはカフェインが含まれているというのは有名な話ですが、

コーヒーにはポリフェノールもたくさん含まれています。

ポリフェノールはワインなどにもたくさん含まれています。

このポリフェノールが着色の原因です。

ですからポリフェノールが含まれている飲料は要注意ということです。

着色の流れとしては、歯の表面についているペクリルという物質に

ポリフェノールがくっつき、反応を起こします。

すると色素沈着が起こり、簡単に落とすことのできない汚れになってしまうのです。

とにかく、コーヒーを飲むと歯に着色してしまうことだけは覚えておきましょう。

コーヒー着色の落とし方

私がオススメするコーヒー着色の落とし方はとしては

歯医者でのクリーニング、

専用歯磨き粉の使用、

マウスウォッシュ用品の使用です。

それぞれ見ていきましょう。

歯医者でのクリーニング

歯医者さんに通っている方は、

歯全体の簡単なお掃除やフッ素コートなどを行っていると思います。

それとは別に歯のクリーニングができます。

歯のクリーニングで有名なのは歯垢・歯石落としですが、

その他にも着色・茶渋・タバコのヤニ落としなどもお願いできます。

定期検診に通っている方はその際にお願いすると良いかと思います。

着色を落とす歯磨き粉

APAGARD(アパガード) プレミオ 【医薬部外品】 100g

アパガードプレミオはエナメル質を修復する独自成分が含まれており、

歯が白くなることを実感している人がとても多い商品です。

アマゾンでもベストセラーになっており、長年愛されています。

価格が普通の歯磨き粉より高いので検討していてください。

→APAGARD(アパガード) プレミオ 【医薬部外品】 100g

ウォッシュマウスで着色を落とす

コーヒー着色の対策としてすぐに口をすすぐことや、

すぐに歯磨きをすることが挙げられますが、

時間がない中ではなかなか厳しいと思います。

そんな時に役立つのがウォッシュマウスです。

ウォッシュマウスであれは1分もあれば完了しますからね。

それをやるかやらないかで、数年後歯の色は雲泥の差になっています。

今すぐに取り入れて、必ず継続しましょう。

私がオススメするのは、薬用 リステリン クールミントゼロ マウスウォッシュです。

ウォッシュマウスは様々な商品がありますが、ベストセラーで万人受けの商品をオススメします。

ウォッシュマウスはどの商品を選ぶかより、めんどくさがらないで継続することが、

着色予防、着色落としに繋がりますからね。

→薬用 リステリン クールミントゼロ マウスウォッシュ 低刺激 1000mL 【医薬部外品】

スポンサーリンク

フォローする