二日酔いにウコンが効かない!副作用や危険性は?

turmeric

二日酔い。

辛いですよね。

頭が痛くなったり、吐き気がしたり、節々が痛くなったり、だるかったり・・・

お酒を飲む人なら誰でも一度は経験したことがあると思います。

しかし、何度辛い思いをしても、お酒を飲みすぎてしまい

また二日酔いになってしまう方がほとんどだと思います。

そんな二日酔いを回避するために、みなさんが取り入れていることが

「ウコンを摂取すること」だと思います。

世間一般的にはウコン効くと言われていて、

あなたも実践したことがあるかもしれませんが、

ウコンは効かない場合もありますし、

危険性もあります。

今回は二日酔いとウコンの関係について説明していきたいと思います。

スポンサーリンク

ウコンは二日酔いに効かない時もある

ウコンの主な成分はクルクミンといい、肝臓を強化し、肝臓の働きを活性化させると言われています。

ですから

酒→肝臓に悪い→ウコン摂取→肝臓強化

で二日酔いに効くと思われています。

しかし、ウコンによって肝臓を強化するためには

定期的かつ長期的にウコンを摂取していなければなりません。

ですから、飲み会前にちょこっとウコンを飲むだけではウコン本来の力は発揮されないのです。

またウコンの主成分である、クルクミンは体内に吸収されづらい物質ですので、

ご飯をたくさん食べても太らない人(吸収力の低い人)は

ウコンを摂取しても肝心な成分が吸収されないまま体外に出てしまう可能性が高いです。

ウコンの副作用

二日酔いの際にウコンを摂取しても効果がない人もいれば、

多少なりとも効果がある人もいます。

そういった方は、ウコンに頼りがちになり、

飲み会のたびにウコンを摂取するようになっていると思います。

ウコンは適切に摂取しないと副作用の危険性もありますので注意しましょう。

ウコンの摂取で一番問題になってくるのが鉄分の過剰摂取です。

ウコンの主成分はクルクミンと説明しましたが、ウコンにはその他にも

食物繊維、鉄、カリウム、ビタミンC、カロチンなどの様々な成分が含まれています。

その中でも鉄分の割合はかなり高くなっています。

この鉄分が危険なのです。

肝臓系の病気にかかっている方は、通常より鉄分がたまりやすくなっています。

そこでウコンを摂取することでさらにて鉄分がたまり、鉄分の過剰摂取になってしまいます。

鉄分は時間が経つと酸化され、病気の進行を早めたり、悪化させてしまう可能性があります。

健康な人が適量のウコンを摂取することは問題ないとは思いますが、

肝臓に持病がある方は、医師と相談しながら、ウコンを摂取することをお勧めします。

スポンサーリンク

フォローする