ニキビにビタミン剤は効かない?効果は?経験談を紹介!

vitamin

ニキビに悩まされている方は様々なことを試していると思います。

化粧品をいろいろ試してみたり、食生活を変えてみたりと、

かなり根気のいることばかりですが、

それに比べて手軽に取り入れることのできるニキビ対策が

ビタミン剤(サプリ)の利用です。

ドラッグストアに大量のビタミン剤があったり、

CM、インターネットで宣伝されているものがあったりと、

ニキビ対策をされている方は、一度は目にしたことがあると思いますが、

そんなビタミン剤は実際のところどんな効果があるのか、

ニキビは治るのかなど、私の体験談も踏まえながら説明していきたいと思います。

スポンサーリンク

ビタミン剤の効果

ビタミン剤はニキビの脂質の代謝を高め、皮脂の分泌を整える効果があります。

ニキビの原因は糖質などの摂り過ぎで皮脂のバランスが崩れることです。

過剰摂取してしまった糖質を代謝するために、ビタミン剤が有効なのです。

糖質の代謝にはビタミンBが大量に必要になりますが、それを食事だけで摂取するのは

かなり厳しいです。

そこでビタミン剤(サプリ)を利用し、糖質の代謝促進するのです。

ビタミン剤が効かない

上記のような効果を理解した上でビタミン剤を利用しているけど、

全く効果がないという方もいらっしゃると思います。

なぜニキビがよくならないのかというと、

ニキビの原因である、糖質・脂肪分を摂り過ぎているからです。

「え?ビタミン剤で糖質の代謝を促進するんじゃないの?」

と思われるかもしれませんが、

サプリはあくまでも、補助です。

サプリを使わないよりは使ったほうが効果はありますが、

根本的に毎日摂取する栄養素のバランスが崩れ続けていたら、

ニキビは絶対に治りません。

ニキビができたら、サプリを飲んで治す。

なんて夢のような話はないのです。

まずはサプリがなくてもニキビができないような食生活をおくらなければ、

サプリによるニキビの改善も望めません。

ビタミンBを多く含む食材は、緑黄色野菜、レバー、牛乳、卵などが挙げられますので、

意識的に摂取しましょう。

ビタミン剤を使った感想

私も以前ニキビに悩まされ、ビタミン剤を摂取していたことがありました。

その時どんな結果だったかというと、最初は全く効果なし、最終的には効果あり。

という感じです。

初めの頃は、ニキビ改善に関する知識が全くなく、とりあえずビタミン剤を服用していました。

そうするとニキビが治るどころか、お腹をこわしたり、さらにニキビができたりと散々でした。

その後、インターネットなどでニキビについて学び、正しいスキンケア方法、食事バランス等を実践しながら、ビタミン剤も利用しました。

すると嘘のようにニキビが少なくなっていったのです。

おそらく私はビタミン剤で補助できるビタミンBだけでなく、ほとんどの栄養素が不足していたのだと思います。

また、自分の肌の性質を理解して、自分にあった化粧品を使っていくことも必要です。

ビタミン剤はビタミンBを補助するという画期的な効果がありますが、

ニキビを治すためにはその他の要因もたくさんありますので、

ひとつひとつ、変えていかなければならないと思います。

スポンサーリンク

フォローする