貯金をおろしてしまう人必見!投資・浪費・消費のバランスを見直すべし!

waste

貯金が貯まらない。貯金をすぐおろしてしまう。

という方は2パターンの原因があります。

1つはお金を大量に使ってしまう癖があること、

う一つはそもそも貯金の額が間違えていると言うことです。

この原因を解決するためには、投資・浪費・消費これらの意味を理解し、

正しいバランスに基づいてお金を振り分けていくことが必要です。

では具体的に見ていきましょう。

スポンサーリンク

投資・消費・浪費のバランス

まずは消費浪費投資の理想的なバランスですが

分の収入に対して

消費が70%

浪費が5%

投資が25%

これが1番良いバランスと言われています。

今までの自分を振り返ってみてください。

浪費が多いなぁとか投資がゼロだったとかそんな方が多いのではないでしょうか。

ではなぜこういった割合になるのか説明していきたいと思います。

消費とは

消費とは自分が生きていくために最低限必要な資質です。

具体的には家賃や水道光熱費、食費等が当たります。

消費の部分は毎月必ずかかってくるお金なので皆さんはあまり意識していなかったかもしれません。

しかし、ここがあまりにも高額になるとそもそも消費ではなく浪費しているのではないかと言う話にもなってきます。

例えば一般的に見て一人暮らしの食費が40,000円だったとします。

しかしあなたが外食が多く月に8万円も使っていればそれは一般的な消費とは言えません。

そんなふうに普段から消費している金額を把握し、できるだけ少なくすることも大切です。

浪費とは

次に浪費についてですが、浪費は必要のない無駄な支出です。

あなたは毎月自分の欲しいものを買ったり、ギャンブルをしたり、友達と遊んだりしていますよね。

それらは全て浪費に当たります。

付き合いだからと言って飲み会にたくさん参加したり、おしゃれしたいので服やブランドものにお金をかけたりする事は全て浪費につながってしまいます。

理想的な浪費の割合は5%と言われていますがほとんどの人がこれを超えている場合が多いです。

5%と言われていますが浪費はゼロに近い方が良いに決まっています。

本当にお金を貯めたい、お金を増やしたいと思っているのであれば浪費の割合を減らし、

次に説明する投資の割合を増やすことが1番賢い選択です。

投資とは

投資とは自分の資産を使って将来的な価値を増やすことです。

皆さんが1番イメージするのは株などだと思いますが、

株式投資は今期待できる会社にお金を投資してその会社が成長したときにリターンをもらうと言うことです。

投資はお金の話だけではなく自分の資質スキルを向上させるためにお金を使うことも投資になります。

例えば今より待遇の良い職を手にするためにその勉強するための書籍を購入することや、

自分のモチベーションを高めるためにジムや勉強の教室に通ったりすることも投資に当たります。

投資は最初はお金はかかりますが将来的に得られる価値がそれ以上になることを望んで投資をします。

無駄に浪費をしてお金を使っていくよりも投資をして将来の自分のためにお金を活用する方が何倍も効果があります。

まとめ

今回は消費浪費投資について説明しましたが皆さんの持分の割合はどうでしたか。

なかなか理想の割合に近づけるのは難しいかもしれませんが自分のお金がたまらない原因はどこにあるのか考えること、それがまず第一歩です。

浪費しすぎているならそこを我慢しなければお金は絶対にたまりません。

消費が大きすぎているなら、新しいアパートを考えてみたりスマホの契約を変えてみたりと見直せるところがたくさんあると思います。

まずは自分の生活を振り返ってみてお金がたまらない原因となっていることを変えてみて下さい。

スポンサーリンク

フォローする